薄毛の改善が期待できる食材

薄毛と食事に関連があるというのがあまりピンと来ない方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、私たちの体は毎日食べるものによって作られています。
髪の毛と言えど、例外ではないのです。

 

食事からとった栄養が巡って、毛細血管から髪の毛に行き渡ります。
そのため、髪の毛によい食事をすることがとても重要になってきます。

 

 

脂肪分や塩分、糖分の多い食事は美味しいのですが、摂り過ぎると抜け毛・薄毛を招く要因となります。
一方で、過度なダイエットなどによる栄養不足も、抜け毛・薄毛の原因につながります。
栄養が過多でも不足していても、髪の毛には良い影響を及ぼさないのです。

 

髪の毛にオススメの栄養素

髪の毛に良い食品というと、ワカメや昆布などの海藻類を連想する方も多いのではないでしょうか。
確かに海藻類には、髪の毛の新陳代謝を促すミネラルやビタミンが含まれていますので大切な栄養素ですが、ほかにも薄毛対策のために摂取したい栄養素があります。

 

髪の毛は90%以上がケラチンというたんぱく質から作られています。
そのため、良質のたんぱく質を積極的にとることで、力強い髪の毛を育てることにつながります。
たんぱく質を中心に、オメガ3脂肪酸など栄養バランスのとれた食事を意識してとるように心がけるようにしましょう。

 

@たんぱく質

髪の毛の主成分となります。動物性たんぱく質だけでなく、植物性たんぱく質もオススメです。

 

・動物性たんぱく質…肉・魚・貝類・卵・チーズなど
・植物性たんぱく質…納豆・味噌・豆腐など

 

A亜鉛

タンパク質を構成するアミノ酸の合成を助けます。
また、発毛・育毛を妨げる5αリダクターゼという酵素を抑える働きもあります。

 

・牡蠣・牛肉・レバー・納豆・うなぎ・ナッツ類など

 

Bオメガ3脂肪酸

血行促進や新陳代謝の活性化などの働きがあり、髪の毛の生成をサポートしてくれます。

 

・青魚類(サンマ・サバ・アジなど)・ナッツ類など

 

Cビタミン類

ビタミンB2・B6は細胞の代謝活動を促進し、ビタミンEは血管の拡張作用による血行を改善する働きがあります。

 

・ビタミンB2…
レバー・サバ・牛乳・納豆など

 

・ビタミンB6…
サンマ・イワシ・マグロなど

 

・ビタミンE
…ナッツ類・魚介類・西洋かぼちゃ・アボカドなど

関連ページ

薄毛を直す食事レシピ
育毛剤の購入を考えているけれど、どれが自分に合っているのか分からない!そんな方の為に、こちらのサイトでは人気・コスパ・効果などあらゆる面から育毛剤を比較して、本当に効果を望める育毛剤を厳選しています。育毛剤選びの参考までになれば幸いです。